金属を長持ちさせる

見た目のために塗装を施しているように感じますが、実は金属塗装をすることによって、金属部品が環境の影響を受け表面が腐食してしまうのを防ぐ効果があります。金属が腐食してしまうと見栄えが悪く、本来の役割すら果たせない状態になってしまいます。そのようにならないように金属塗装が必要なわけです。もちろん、見た目を華やかにするという目的もあると思いますが、金属の寿命を長くするのが1番の目的だと思います。金属塗装を施す際には、下地を整える工程が非常に重要で、様々な下地作りの工程を行うことによって、金属部品をより長く守ることが出来るようになります。

一般の塗料を使用する際に知っておきたいことは、塗料を薄く何度かに分けて重ね塗りすると、塗膜が均等になりムラが出ないということです。逆に一気に厚く塗ってしまうと、乾燥する時にムラが出やすくなってしまいます。塗料の種類や塗る物によって塗り方も変わってくると思うので、それぞれに合った作業の仕方をすることが大切です。塗装する際の道具は、ハケ、スプレー、ローラーなどがありますが、初心者の方におすすめなのはローラーを使用することです。ハケやスプレーに比べ、ムラが出にくく比較的均等に塗ることが出来ます。金属塗装は、使用する材料によって塗り方を変える必要がありますが、何度も時間を掛けて重ね塗りしていくというのは変わらないので、気を配りながら作業をすることが大切です。